2020年03月06日

キャッツアイ逃げ切り勝ち むさし厩舎、今年初星

風が強いですね。これは春一番でしょうか?
もちろん、日射しが強くなり気温も上がっています。
嬉しい限りですが、花粉症の人々は…

新型コロナウイルス騒動で世の中が殺伐に感じられます。







2/29阪神1Rに出走したキャッツアイ
見事に逃げ切りで初勝利をあげました。

2020-02-29阪神1R結果.png


ゲート出こそ速くありませんでしたが、
二の脚が速いので、先頭になり逃げの体制になりました。

そのまま、危なげなく影を踏ませぬ逃げ切りました。

キャッツアイパンサラッサみたいにゲート出が速くなく、
ヒヤヒヤしましたが、
その後は安心して見られました。

「距離の融通が利く馬で、控えようと思えば控えられますし、
 1400mでも1800mでもやれると思います」(岩田康騎手)

「強かったですね。向正面ではやや突かれて頭が高く、
 掛かるような感じでしたけど、それも問題になるほどではなく、
 最後までしっかりと走ってくれました。
 今日は順当勝ちと言ってもよいでしょう」(小崎調教師)

1番人気馬の執拗なマークにも臆することなく自分のペースでレースを進め、
そのまま後続を力強く振り切っての快勝劇。
デビュー2戦目での嬉しい勝ち上がりとなりました。
なお、このあとは、「いったん短期放牧を挟んでリフレッシュ。
距離は1400mにも対応してくれそうですが、こうやって走れるようなら、
今後も1800mを使っていく」(師)方針です。(HTC)

東京の初戦を見たときは、スタートが芝の部分だから
芝もこなせると見えましたが、
調教師はダートで行くみたいです。

芝もこなせるのなら、番組の選択の幅が広がるので、
勝ち上がったから、チャレンジして欲しいですね。



このBlogでの引用と写真・動画等は広尾サラブレッド倶楽部から許可を得ています。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
一口馬主ランキング




















posted by musashi2015 at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: