2019年08月12日

く・悔しいけど重賞でも… ディメンシオン

お・惜しい、これで今後も期待できます。








先週末の関屋記念に出走したディメンシオン
0.1差の4着でした。

2019-08-11関屋記念の結果.png


道中は中団の真ん中
あと200mの地点で追い出されると鋭く追い上げましたが、
ゴール前、勝ち馬・ルメールに差し切られました。

改めて、リプレイを見ましたが、
(ここから僕の想像です)
あと200mの地点で追い出されると、ルメールがマーク
ミッキーグローリーディメンシオンの後ろに位置すると
あと100mくらいで外に持ち出しスパートしたみたいです。

ルメールの嗅覚はさすがです。

とはいえ、ディメンシオンの今後に期待が持てました。
次走はどこかわかりませんが、
僕としてはマイルCSを目指して欲しい。
エリ女王杯は距離が長いからダメ。
適距離は1400〜1800くらい。

「今日はイレ込みも大丈夫そうでしたし、馬の雰囲気も良好。
 スタートを決めて、モタれることなく上手に走ってくれていましたよ。
 新潟の外回りですから、あまり早めから動いて行くのもどうかと。
 直線で一瞬オッと思いましたが、最後は脚色が一緒になってしまいました。
 牝馬同士であれば、さらにやれるのではないでしょうか」(戸崎騎手)

「休み明けの前走はもうひとつでしたが、今回は順調にきていましたし、
 体が減ることもなく終始落ち着いており、スタートも良かったですからね。
 これくらいはやれてもおかしくないでしょう。ペースが上がったところで折り合いに専念し、
 無理はしなかったみたい。それに男馬との差もありましたでしょうか。
 もう少しでしたが、よく頑張ってくれていると思います」(田代助手)

◆ここを目標に出来良く仕上がっていましたし、落ち着いた状態でレースに臨めたこともあり、
 最後の直線では見せ場たっぷりの善戦。惜しくもコンマ1秒差及びませんでしたが、
 牡馬相手の重賞で着順を上げる頑張りを見せてくれました。
 なお、このあとは「帰栗後の状態を見て考えます」と厩舎陣営。
 ここまできたからには、何とか重賞を獲らせてあげたいところです。(HTC)



このBlogでの引用と写真・動画等は広尾サラブレッド倶楽部から許可を得ています。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
一口馬主ランキング




















posted by musashi2015 at 17:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: