2018年10月29日

やりました!!3連勝でOP入り ディメンシオン・次走は確勝か? カナロアガール

毎年、ハロウィーンやっているが、ニュースを見るたびに
『おまえら、ハロウィーンの意味がわかっていない!!』
日本人として情けない気持ちになった。







10/20土曜日東京4R2歳新馬1600芝に出走したカナロアガール
2着でした。



2018-10-20東京4Rメイクデビュー結果.png


フルゲートの大外枠(18番)なので心配しました。
案の定、伸び上がるスタートに二の足がつかず中団の後ろ。
じりじりと上がっていき、最後の直線200mから脚を伸ばしましたが
勝ち馬は捕らえきれず、やはり位置取りの差でした。

「返し馬の段階から高脚を使ってフワフワ。それはスタートしてからも一緒で、
 4角での手応えなども決して良くはなかったんです。
 ただ、調教師から『最後は脚を使えるから』と聞いていましたので諦めずに追ったところ、
 最後の1ハロンでやっとクビを下げ、走りが変わって伸びてくれました。
 今回はこういった内容でしたので、ここを一回使えば、
 また色々と覚えて変わってくるのではないでしょうか。
 距離はもう少し融通が利くかもしれません」(北村宏騎手)

「あまり小脚を使えない馬ですから、案の定スタートは少しモタつくような
 感じになりましたが、稽古をしっかりと積んでいましたので、
 最後は必ず脚を使ってくれると思っていました。
 鞍上は指示通りにちゃんと乗ってくれましたよね。
 ただ、勝ち馬にうまく運ばれてしまった形。
 こればかりは仕方がありませんが、道中の位置取りの差もあったでしょうか」(田村調教師)

後日、Gallopを見たら「次走が楽しみ」と書いてありました。








同じく10/20土曜日京都10RトルマリンS牝馬限定1800芝に出走したディメンシオン
優勝しました。
今年のむさし厩舎での勝ち星は全てディメンシオンです。感謝!!



2018-10-20京都10RトルマリンS結果.png


レースを見ましたが、道中はやや後ろの位置取りなので心配しましたが、
終わってみたら、楽勝の感じです。

「聞いていた通り、ちょっとエキサイトするようなところはありましたが、
 これは事前から分かっていたこと。返し馬にいったら落ち着いてキャンターに下ろせましたので、
 これなら大丈夫かなと思いました。
 少頭数の割には前が飛ばしてくれて展開に恵まれるようなところもありましたけど、
 それにしても強い勝ち方でした。これで今後が楽しみになりましたよね」(浜中騎手)

「パドックではいつもちょっとイレ込みますが、あれは単に走りたいだけなのでしょう。
 ジッとしているのが我慢ならないみたいですね。
 キャンターに下ろしてからはスムーズだったように、そこからはもう落ち着いていましたから。
 道中流れてくれたこともありますが、折り合いがついていましたし、
 今日のところはいい勝ち方ができました」(田代助手)

この後はいつもの通り短期放牧に。次走の予定は12/15の中山11RターコイズS。


このBlogでの引用と写真・動画等は広尾サラブレッド倶楽部から許可を得ています。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
一口馬主ランキング














posted by musashi2015 at 18:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: