2018年06月14日

それぞれが持っているものが光った競馬 ブライトメモリー・ディアローグ

6/9土曜日東京7Rに出走したブライトメモリーですが4着となりました。



2018-06-09東京7R結果.png


「たまたま良いタイミングでスタートできましたが、一歩間違えたら出遅れていたぐらい、
 ゲートは怪しかったですね。今日は他に行く馬もおらず、
 道中は可愛がってもらい、楽な逃げを打てた分、最後まで踏ん張れましたけど、
 残り100mで止まってしまったところ見ますと、本質的に2400mは少し長いのかなと。
 ただ、長めの距離であれば、かえって楽に逃がしてくれるケースもありますので、
 このクラスのうちは展開やメンバー次第で長距離もギリギリこなせるのかもしれません」(丸山騎手)

「一度レースを使って、馬運車の中などで更にテンションが高くなり、
 その結果、マイナス体重(458kg)での出走に。
 次走への優先権は獲れましたが、輸送をあまり得意としないタイプゆえ、この感じでは、
 これから始まる福島や新潟への参戦はちょっと苦しいかなと思います。
 それに今回のテンションの感じを見ますと、2回使ったら一息入れてあげた方が良さそうですからね。
 今日は鞍上がうまく乗ってくれたこともありますが、
 この一戦で力があるところも見せてくれましたので、このあと夏場は休養に充てて
 しっかりと体を戻し、万全の態勢で秋競馬に向かいたいと考えます」(林調教師)

そうですね、長距離なら楽に逃がしてくれて、できればスローに落として
逃げ切れる時もありますね。
ただ、丸山JKも言っていますが、上のクラスでは通用しないらしいです。

ともかく、上半期の競馬はこれでおしまい。
疲れを癒して、また鍛えて秋競馬から元気な姿を見せてほしいものです。
ブライトメモリーはきっと本格化すると信じています。


6/10日曜日東京4Rに出走したディアローグは6着になりました。



2018-06-10東京4R結果.png


「返し馬や輪乗り時の感触から、まだ明らかに競馬慣れしていない雰囲気でしたし、
 東京の2400mでもありましたので、無理に急かして行くのではなく、
 この馬のリズム重視で運びました。そのため位置取りは後ろからになったものの、
 最後で外に出してからはいい脚を使ってくれて、能力のあるところを見せてくれましたよね。
 直線で手前を替えた時に少し寄られて減速する形になったのは勿体なかったです。
 それがなければ、もう少し着順も上げられたのではないでしょうか。
 やはり距離はそれなりにあった方が良さそうです」(丸山騎手)

「行こうと思えば行けたのかもしれませんが、鞍上が言うようにまだ2戦目でしたし、
 無理せずこの馬のリズムで競馬してくれたようですね。行くところ行くところに他馬がいたり、
 寄られたりなどしていましたから、その辺がスムーズであれば3着ぐらいはあったのではないでしょうか。
 それでも2戦目で内容、着順ともに前進してくれましたので、
 まずは良かったです。今日の感じですとやはり直線があった方が良さそうなため、
 北海道や福島はちょっと厳しそうかなと。権利もなく、馬の状態もギリギリのところですから、
 今度は軽くリフレッシュ放牧を挟み、新潟開催(7/28〜)を目標に進めていきたいと思います」(青木調教師)

そうですか。競馬を見ても直線が長い方がいいと思います。
本当は4角を回って直線入り口の時に馬群が横一直線になった時に「しめた」と
思いましたが、じりじり伸びるタイプなので、差がなかなか詰まらなかったのがイライラしました。

新潟開催までに間が開くのでリフレッシュ放牧と馬なりで中団から
競馬が運べるように鍛えてくれればと思っています。


このBlogでの引用と写真・動画等は広尾サラブレッド倶楽部から許可を得ています。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
一口馬主ランキング














posted by musashi2015 at 17:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: