2018年05月11日

くそっー!! ディメンシオン、あれっ?どうした? シーザライト

だいぶ間が空きましたm(_ _)m
過去に書いた記事を確認すると4/21.22の結果を書いていませんでした。


4/21土曜日東京12Rに出走したディメンシオンはわずかながら届かず2着でした。
やはり位置取りの差ですね。
それと1400はスプリンターの分類に入ると思うので1600〜1800くらいがいいのではと思っています。



2018-04-21東京12R結果.png


「この距離だと馬なりでは好位につけて行けないため、ある程度は促さないと流れに乗れませんし、
 かと言って、あまり出して行くとハミを噛んでしまいますからね。
 そういう意味で1400mは少し忙しいかなと。それでもうまくレースができ、
 最後も差し切って勝ったと思ったのですが…。クビの上げ下げで負けてしまいました。
 今日は体が減って(−8kg)おり、かなりイレ込みもありましたので、
 遠征競馬よりも移動の少ない競馬の方が良いのではないでしょうか。
 以前に乗った時よりも力をつけているのは確かです」(福永騎手)

「こういう負け方が一番堪えるんですよねぇ。レース自体はうまくいき、勝ったと思ったのですが、
 ゴール板のところでほんの少しだけ及びませんでした。
 牝馬限定戦ということでここを使ったわけですが、輸送とこの暑さで体が減ってしまう格好に。
 輸送がない方がイイのは確かでしょう。最低でも450kg台で競馬させたい馬ですので、
 優先権は獲れましたけど、ここで無理をしても良い方向にはいきそうにない感じ。
 このあとは一旦放牧を挟んで、馬体を戻したいと思います。
 今回で改めて力があるのは分かりましたからね。次回は降級後500万クラスから、
 また一歩ずつステップアップしていきましょう」(藤原英調教師)

そういうことですか、藤原調教師に力を認めてもらったのは良かったです。
牝馬は輸送で馬体重が減るのが多いですね。
460kg以上に回復して、また頑張りましょう。


続いて4/22日曜日東京1Rに出走したシーザライトですが、確勝または掲示板に載るのを期待しましたが、
8着になりました。
先日のディメンシオンに続いてマイナス12kg (~_~;)



2018-04-22東京1R結果.png


「馬場に先入れさせてもらったように、ちょっとテンションが高め。
 それでも、レースに行ってしまえば落ち着いて走れているんですけどね。
 スタートしてから道中までは順調に進んでいましたが、直線に入って追い出すと頭が上がって
 進んで行かないような格好になってしまいました」(池添騎手)

◆「エサの種類を変えるなど色々と工夫して食べさせているにもかかわらず、
 なかなか思うように体が増えてくれず」(師)、今回は−12kgでの出走に。
 好位から粘り込むレースの形は出来上がってきましたので、何とか馬体回復を促し、
 コンディションアップにつなげていければと思います。
 なお、まずはレース後の様子をしっかりと確認した上で次走を検討。
 滞在競馬もひとつの選択肢として、今後のプランを定めていく方針です。(HTC)

こういうのもこたえますね。
本調子でなかったのは、馬体重からも走り方でもわかっていましたが…。
どうも、むさし厩舎の馬は輸送で馬体重が減り調子を落とす馬が多いですね。

回復すれば勝ち上がる確率が高くなると思います。


このBlogでの引用と写真・動画等は広尾サラブレッド倶楽部から許可を得ています。


ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!
一口馬主ランキング














posted by musashi2015 at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: